バイクが欲しい!でも維持費が大変なのじゃないかな?

バイクが欲しい!でも維持費が大変なのじゃないかな?

「バイクが欲しい!でも年間の維持費はどのくらいかかるの?」と考え、バイクの購入を躊躇しているあなたのために、今回は年間の維持費について見て見る事にします。
日本の法律では、バイクの種類は排気量で決められています。
今回は一般的な普通自動二輪車である126ccから250ccのカテゴリーと、251ccから400ccのカテゴリーのバイクについて見てみます。
先ず126ccから250ccのバイクですが、年間の維持費は約8万円が通常と言われています。
内訳としては、税金が2400円、自賠責保険が7000円、そしてガソリン代や修理代などその他の費用となります。
このカテゴリーのバイクには車検が適用されませんので、年間維持費は比較的割安となります。
次に、251ccから400ccのバイクですが、年間の維持費は約13万円がかかります。
内訳としては、税金が4000円、自賠責保険込の車検費用(陸運局に払う費用)が約2万7000円かかります。
車検は自分でバイクを持ち込んで通すこともできます。
もし、業者や販売店などに依頼すると約6万円強を請求されます。
そして、このカテゴリーのバイクになると、パーツや消耗品の価格も高くなるので要注意です。
400ccのバイクまではふつう二輪免許で乗れますが、400ccを越えるバイクに乗る場合は大型自動二輪の免許が必要です。
大型自動二輪になれば、それだけ年間維持費は高くなります。
参考になさってください。

    Copyright(C) バイクが欲しい人の為のガイド All Rights Reserved.